唐突ですが・・・

 

先日、唐突に某テレビ局から、番組で紹介したいので

野坂昭如氏から先代に宛てた手紙があれば・・

との依頼があった様でございます。

野坂氏とわたくしの父は学生時代より、親しくおつきあいがございました。

野坂氏から父に宛てた手紙は大女将が、先代の思い出とともに大切に

保管致しております。

立ち入った内容もございますので、館内に展示しておりますものを

FAXした様です。

わたくしも幼い頃より、野坂氏・陽子夫人に可愛がって戴きましたし

大変お世話にもなりました。

野坂先生のファンを名乗るお客様もおられ、当館でのエピソードなど

お話を致しております。

今日はその内の一つをお話致しましょう。

わたくしが幼い頃、出版社から逃れるために(?)ふらりと

いらっしゃって、追っ手が迎えに来るまで当館に逗留なさって

おられました。

お酒もよく召し上がり、酔い覚ましの温泉は岩風呂がお気に入りでした。

昭和初期のしつらえが落ち着くとおっしゃって、お部屋はだいたい「合歓」(ねむ)の間。

わたくしには茶目っ気たっぷりに、「おじさんはとても悪い人で、おばさんに

いつも叱られているんだが、あなたにこんなことを言ったらば、きっとひどく

ぶたれるだろうが、おじさんはこのお部屋の名前が実はとても気に入って

いるんです。ゴウカンの間だからね。」っとウインクしながらニヤリ。

確かに問題発言ですが(苦笑)わたくしをからかってのことです。

うす暗がりの中、煙草の煙のかたまりの向うに、行灯の灯りが

見え隠れしている情景をよく憶えております。

襖の間から覗き見した、原稿を書いていらっしゃる野坂氏の背中

でございました。

両切りのショートピース・・濃紺の缶・・今はないんでしょうねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました